気になるエンタメニュース☆

ネットで見つけた気になるエンタメニュースについてどんどん書いていきます。

吉田沙保里のアンチが増殖、「ぶりっ子」だけじゃない決定的な嫌われ要因とは

 少し前までは“霊長類最強”と持て囃されていた吉田沙保里だが、昨年から俄かにアンチが増加している。3月24日放送の『池の水ぜんぶ抜く』(テレビ東京系)に出演した際も、番組での振る舞いに視聴者批判が続出した。



 この日の番組では、山口県萩市にある“萩城”の水を抜いて調査することに。いつも通り生物の捕獲を行い、ゲストの吉田沙保里には霊長類最強としての働きが期待されていた。しかし彼女は水を抜いた池の中で、「気持ち悪い!」と悲鳴を上げるばかり。田村淳が捕獲した巨大魚を見ても、「やだやだやだ!」と顔をそむけた。

 また強靭な足腰を持っているはずだが、泥に足が取られて動けない状態に。霊長類最強どころか、これまでの芸能人ゲストと比べても明らかに役立たずな働きで、「この番組のゲストが求められてる仕事はこれじゃないのに」と視聴者をがっかりさせることになった。

 のみならず、ネット上には「なんかアイドルみたいなムーブが鼻につく」「一体に何しに来たのかわからない」「キャーキャー言ってるだけの吉田沙保里なんて見たくなかった……」といった声が寄せられている。


レスリンパワハラ騒動での態度がひどかった

 今年1月に現役引退を発表して以降、タレント化が進む吉田沙保里。4月からは『ZIP!』(日本テレビ系)で金曜パーソナリティーを務める。こちらの仕事も「なんで情報番組で起用されるのか謎」「最近テレビに出すぎでは?」「なんかゴリ推しタレントみたいな扱いされててどんどん嫌いになる」などと批判される始末で、アンチ増加は間違いない。

 トップアスリートからタレントになった丸山桂里奈も、暴露トークや下ネタを披露して叩かれた。しかし吉田沙保里はテレビに数多く出演するようになったといえど、ただ“タレント化”しているというだけで、ここまで叩かれるものなのだろうか。

 やはり大きな要因となっているのは、至学館大学副学長でありながら昨年の“レスリング界パワハラ騒動”をシカトし続けたことがあるだろう。日本レスリング協会強化本部長を務めていた同大・栄和人のパワハラ疑惑を吉田はスルーし、深田恭子ら華やかな友人らとの日常に逃避したかのように見えてしまう。選手として果敢にタックルを繰り出していた彼女と同じ人物とは思えない“逃げ”の姿勢に、失望したファンは少なくない。

 さて前出の丸山桂里奈だが、最近では一周まわって「突き抜けてていい」「汚いけどもうカリーナだから仕方ない」と受け入れられている丸山。吉田もそのうち、「ぶりっ子だけどもういい」と、カリーナの域に達するのだろうか。





☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【GIF】柳ゆり菜の鮮明な乳首出し全裸濡れ場画像流出!【画像】ビーチクをガッツリ吸われててエロ過ぎる!映画「純平、考え直せ」で…

「これ放送事故でしょ?」「ポロリが生々しい……」視聴者を驚かせた女性タレントの姿

セッ○スレス経験ナシの田中みな実がセッ○スフル妻の悩みに「断りすぎるのもよくない」

ローラ、本番AVに出演!ヘア○ード写真集も!日米の本番女優で活路ある!

『あなたには帰る家がある』生々しすぎる木村多江の“淫乱ぶり”に女性視聴者絶句

坂口杏里がデリ○ル勤務!【画像】1h35000円で芸能人を抱ける!長乳首と汚ケツも見放題!

【女子必見】浅田舞が巨乳化した理由がすごい!!【これはすごい】

こじはる“大陰唇ポロリ画像”で判明した完全パイパンの証明

過大評価されすぎなオトナ女子ランキング

元乃木坂・大和里菜、「公開ディープキス」に乃木坂ファン唖然

菅田将暉と菜々緒は“セ○レ関係”!? 「お泊まりスクープ」に、双方事務所が頭抱えるワケ