気になるエンタメニュース☆

ネットで見つけた気になるエンタメニュースについてどんどん書いていきます。

窪田正孝&水川あさみ夫妻、“初共演”ドラマをスピード降板! 「異常事態」とNHK関係者も驚きの事態

 現在放送中のNHK朝ドラ『エール』で主演を務める窪田正孝だが、人知れずNHKで放送予定の特別ドラマを“降板”していたという。現在『エール』は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため撮影を中断。6月27日の放送をもって一時休止となってしまうが、その最中で発生した“珍事”には、関係者からも驚きの声が出ているという。

2144980_201909220878123001569138422e-w1200_h667.jpg

 各局ともコロナ禍の影響で、ドラマの撮影や放送の中止・延期が相次ぐ状況だが、NHKは5月19日に“リモートドラマ”をうたう特別ドラマ『Living』の放送を発表。同30日、6月6日の2週連続で、全4話のオムニバス作品となっているが、最大の売りは、“リアル家族”の共演だろう。

「第1週には広瀬アリス広瀬すず姉妹、また永山瑛太永山絢斗兄弟の出演が発表されています。“テレワークドラマ”と宣伝している通り、同作には『この状況でもドラマを作って放送することができる』という裏テーマがあり、各出演者は自らスマートフォンタブレットを操作して、自宅で撮影を行っている。オファーから撮影完了まで、本当に数日ほどで仕上げたそうで、ほかでは考えられないスピード感で制作されたそうです」(スポーツ紙記者)

 しかし、発表直前の土壇場になって、窪田と水川あさみ夫妻が“降板”してしまったという。

「その理由は、発表直前、21日発売の『女性セブン』(小学館)に、窪田夫妻のドライブデートが報じられたためと聞いています。同誌によれば、窪田と水川は緊急事態宣言発令中の東京をマイカーで飛び出し、神奈川県内のサービスエリアでは、夫婦のツーショットも激写されている。記事自体は、夫婦のラブラブな様子を見守るような論調でしたが、都や政府の外出自粛要請を無視しているし、『コロナ禍の今だからこそ、最高のエンターテインメントを届けたい』というドラマの趣旨にそぐわない行動だと判断されたのでは」(NHK関係者)

 こうして、窪田はオファーと同様、恐るべきスピードで「出演取り消し」になってしまったそう。

「第2週には、窪田と同じく『エール』に出演する仲里依紗が、夫・中尾明慶と出演。同週のもう1組は、窪田と同じスターダストプロモーション所属の青木崇高が、妻・優香と出演予定になっています。順当に考えれば、青木が窪田の“代打”という形に収まったのではないでしょうか。優香が声のみの出演というのも“やっつけ感”が漂いますし」(同)

 昨年9月に結婚した窪田と水川だが、夫婦になってからのドラマ共演は初のこと。その作品を降板するのだから、まさに前代未聞の“珍事”と言えるだろう。

「撮影が中断というのも異例の事態なら、朝ドラ主演中にNHKの作品を降板というのも、異常事態というほかない。ひとつ、不幸中の幸いなのは、夫婦のドライブデートが、窪田と同じくスターダスト所属の山田孝之らの“沖縄旅行”に比べると、批判の声も少ないという部分かもしれません」(同)

 こうして、異例づくしとなった窪田の降板劇だが、これもコロナ禍が生んだ“分断”ということなのだろうか。





☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
富川悠太「報ステ」ドタバタで始まった小川彩佳“爆裂バスト”披露の逆襲!

コロナ禍で“憧れのCA”が夜の世界に!? にわかに活気づく風俗&パパ活市場

〈貞淑美女タレントの性白書〉 NHK女子アナ「新天地エロス」大爆発

春の新CM女王「色香&荒稼ぎ」合戦(1)綾瀬はるかはCMだけで7億円越

EXIT“コロナ注意喚起漫才”を制作したワケ 批判も覚悟「『こういうやつらが広める』っていう方が…」

Matt、「顔が怖い」「すぐ消える二世タレント」の批判を吹き飛ばし「売れっ子」になれたワケ

竹内結子と木村拓哉が共演NGの理由がやばい…

菅田将暉と菜々緒は“セ○レ関係”!? 「お泊まりスクープ」に、双方事務所が頭抱えるワケ

新垣結衣が略奪愛!三浦春馬を菅原小春から奪い返したという噂

小池栄子の全裸ヌードがエロ過ぎる!【画像】フルヌードで水泳披露してた!